家庭教師の雑感

家庭教師をしている横井が、受験や勉強に関するお役立ち情報を書きます。

男子校で女子が苦手になって克服するのに10年かかった話

f:id:yokoiyokoiyokoi:20191017001949p:plain

私は男子校出身です。洛南高等学校附属中学という京都の中学・高校を卒業しています。今は共学になりましたが、私が在学していた時はずっと男子校でした。

私だけなのかもしれませんが、男子校という男ばかりの環境で育ったせいで、高校卒業後は、女子と話すときにめちゃめちゃ緊張して、やたら精神力使うし、どの子も実際からは3割増くらいに可愛く見えて、こんな可愛い子とこんな俺が話してていいのかみたいな気持ちになってました。

このあたりのメンタルは人によって様々だとは思います。あとは家族環境・恋愛環境も影響あると思います。ちなみに私は男兄弟でしたが、高校ではずっと彼女がいました。でも1人の彼女としか付き合わなかったので、女性になれるという環境ではなかったと思います。

 

そんな経験のある私としては、自分に子供がいたら、出来るだけ共学に進んだ方がいいんじゃないかとアドバイスすると思います。

 

男子校・女子校に進もうと思っている方々!是非共学も選択肢に入れてください笑。志望校のレベルを落としてまで共学にする必要はないと思いますが、もし同程度のレベルで共学があるならそちらも一考されることをお勧めします。

 

どんな風になるか

以下は私が高校卒業したてで、女の子と接するのが苦手だったピークの頃の挙動です。

①女の子と話すネタがない

近くに女性がいない状況でずっと過ごしてきたので、まず、何話していいんだろう!?ってなりました。中学・高校時代も、付き合おうと思って女性を紹介してもらったことはありますけど、特に付き合おうと思ってるわけでもない普通の女性と何を話していいのかわからなかったです。

頭に浮かぶのは男と話してきた下ネタばかり・・・困りました。

そうだ、無難にクラブのネタが良かろうと思い、クラブの話を振りながら相手の話は笑顔で受け流しつつ必死に次の会話のネタを頭の中で考えるという状態でした。

 

②女の子と話すときに目を合わせられない

緊張して目を合わせられないっていうのもありますし、そんなに異性を見つめていいのか?という疑問もありました。古くからの友人(女性)に聞くと、「いいから目を見て話せ」というので頑張って目を見ようとしましたが、恥ずかしくて無理でした。

そこで、しょうがないから口を見て話すことにしました。口ならまだ見れました。でも時々バレるんですよね。なんか目線おかしくない?って言われたことあります笑

 

③明日女の子とご飯食べると思うと緊張して寝れない

ある日クラスの女の子とご飯に行く約束をしました。別にデートでもないんです。確か、会話の中でたまたま翌日の夕方に私も相手も渋谷にいるということがわかり、だったら飯食って帰ろうぜ的な話だったと思います。

それでも前日からワクワクそわそわして、落ち着けなかったです。会話のシミュレーションなんかしたりして。今思い出すと中学生か!ってツッコミたくなります。

 

④仲良くされるとすぐに好きになる

③で話したようにちょっと仲良くしてくれると好きになっちゃうんですよね。その日からその子のことが好きになりました。でも1ヶ月くらいすると目が覚めるんですよね。あ、なんか緊張でドキドキしたのを好きだと勘違いした、みたいな。中学生ですねぇ。

 

⑤仕事上でも相手が女性だと無駄に緊張する

大学を卒業して働き出す頃にはだいぶ、女子に対する挙動不審はなくなったんですが、働き出しても同僚やお客さんが女性だと無駄に緊張するんですよね。それで余計な精神力を使って無駄に疲れることがよくありました。

 

どうやって克服できたか

今は別に女性とでも特段緊張せずに話せます。どうやって克服したかという話ですが、ありがちな合コンにいきまくるという方法は私にはあまり効き目がなかったです。

女性を普通に扱う経験が足りないのに、頑張って盛り上げなきゃいけない場に行ってもその経験は得られなかったからです。

ではどう克服したかですが、、

自分は平均以上だと思い込む

これが大きかったですね。それまで女性と話すときに、こんな可愛い女子が俺と話してていいのかという卑下の気持ちが強く、それがやたらと緊張する原因なんだとある日気づきました。

皇帝に御目通りする民みたいになっていたわけです。それだと緊張するはずです。

そうではなく、実態がどうかは置いといて、自分も平均以上の男だと、対等に話していいんだと意識するようになると、不思議とすっと緊張が消えていきました。

異性からの評価は顔だけじゃないんだと、中身なら負けてねぇぞって思うようにしました。

 

職場で慣れる

結局は慣れっていう話もあります。毎日普通に女性がいて、普通に女性と話すということを繰り返して、次第に緊張が取れていきました。それに仕事が忙しすぎて、女性のことに気を回している余裕がないってのもよかったと思います。

 

以上、男子校に進んだ結果、女子と話すのが苦手になったという話でした。志望校と同じレベルの共学があるなら、共学も是非選択肢に入れて欲しいですね。でもまぁイケメン・美女であれば男子校・女子校でも全く問題ないと思います。

 

 

Studyoという個別指導サービスを運営しているので、私の授業を受けてみたい方はご利用ください。

家庭教師が良い方はプロフィール記載のgmailにご一報ください。エリアは東京・千葉・埼玉です。