家庭教師の雑感

家庭教師をしている横井が、受験や勉強に関するお役立ち情報を書きます。

巣鴨中学の学校説明会と授業参観内容まとめ

f:id:yokoiyokoiyokoi:20191209102111j:plain

先日巣鴨中学の学校説明会に行ってきたので内容をまとめておきます。

校長先生をはじめ、先生方みなさんが熱くて、心の強い生徒に育ててくれそうだと思いました。子供達に、一流のエリート教育を与えることへの誇りが溢れていました。

子供の心に火をつける。夢を持って叶えてほしい。そのために巣鴨で「やればできる」という経験を一杯積んでほしい。私はそんなメッセージを感じました。

 

それでは、学校説明会のダイジェストと詳細議事録を書いていきます。また、授業参観もしたのでその感想も詳細議事録の下に書いています。

 

ダイジェスト

校長先生による受験生への激励

  • これから入試が終わるまで、今までの勉強時間に加えて、1日10分最高に勉強する時間を作りなさい。入試まで続ければ8時間程度になる。最高に集中した8時間でできることは大きい。
  • 入試が終わったからといって遊び三昧は禁物。せっかく身につけた勉強習慣を手放してはいけない。
  • 5年生はあと1年あるが油断しないこと。自分が大事だと思うことをまとめたノートを作りなさい。努力の証になる。

教育方針の説明

  • 硬教育。今の自分よりも少し上のレベルの課題にチャレンジさせ、やり遂げることで達成感を味わってもらう。
  • 勉強だけじゃなく、クラブも学校行事も頑張ろう。
  • 皆で夢を持って、叶えよう。巣鴨で「やればできる」という経験をたくさん積むことで、夢へ一歩踏み出す勇気を持つことができる。

国際教育の説明

  • ネイティブスピーカーによる英語指導の機会が豊富。
  • イギリスの名門中高一貫校であるイートン校と提携し、3週間イートン校で勉強する機会がある。
  • Sugamo Summer Schoolという、世界で活躍する一流の先生から授業を受ける機会があり、多くの生徒の心に火をつけている。

 

詳細議事録

校長先生による受験生への激励

  • 今年は参加者が多い。
  • 6年生は今の時期に焦ってはダメ。条件は皆同じ。落ち着いて勉強しよう。
  • 目で追うだけの勉強はダメ。手を動かせ。
  • 模試の偏差値は上下すると思うが、低くても気にするな。できると思うことが大事。できると思うから本当にできるようになるのだ。
  • これから入試が終わるまで、今までの勉強時間に、1日プラス10分だけでいいから最高に集中する時間を作ろう。
    • 積み重ねれば8時間ぐらいになる。
    • 自分の限界を超える経験をしよう。
    • あと少しでくじけてはいけない。
  • 入試が終わったからといってゲーム三昧はダメ。
    • せっかく身につけた勉強の習慣を捨てては勿体無い。
    • 本当の目標は合格の先にあるはず。努力を積み重ねてこそ目標が達成される。
  • 5年生はあと1年あるが油断するな。
    • 基礎をしっかりと。
    • 大事だと思うことをノートに書き留めていけ。
      • このノートは努力を物理的に体感できるものとなる。自信が出る。
      • 入試に必要なことすべてを書き留めることはできない。しかしそのノートに書かれていることをきっかけに、他の知識も思い出せる状態になる。 

 

教育方針の説明

  • 一言で表すと硬教育。
    • 軟教育という言葉もある。これはわかりやすく、かみ砕いて教えようという意味。
    • 硬教育でももちろんわかりやすく教えるが、歯ごたえのある課題、今の自分のレベルよりも少し上のレベルの課題に取り組もうという方針。
    • 頑張らなくては達成できないことにチャレンジしようという方針。
      • 例えばその方針を体現しているのが、毎日の小テスト。
      • 5分という短いものなのでやればできるはず。だから、頑張ろう。できるから。このような達成感を積み重ねよう。
  • 巣鴨の勉強が中心。塾に頼る必要はない。
  • 勉強もクラブも学校行事も頑張ろう。
    • クラブは週3日以内。運動系・文化系たくさんある。
  • 皆で夢を持って、叶えよう。
    • 見るだけじゃダメ。実行しよう。
    • そのために、やればできるという経験を巣鴨中学・高校でたくさん積み重ねてほしい。将来、夢に向かって1歩踏み出す勇気が持てるはず。

 

国際教育の説明

  • ネイティブスピーカーによる英語指導が豊富。
    • 高2の英作文授業はネイティブと日本人による添削。授業外でも指導してくれる体制あり。
    • 東大英作文特化のクラスもあり。
    • もちろん英会話も。オンライン英会話レッスンで自宅でも学習できる体制あり。
  • イギリスの名門中高一貫校イートン校と提携し、サマースクールを実施。
    • イギリス首相を20人も輩出した名門。愛子様がサマースクールに行って有名になった。
    • サマースクールとして、夏休みにイートン校で勉強と寮生活をすることができる。3週間。
    • 日本からは、巣鴨学園と学習院からしか受け入れていない。
    • 中にはイートンサマースクールを機にイギリスの名門高校クライストカレッジに留学し、その後オックスフォード大学に入学した卒業生も。
    • 巣鴨学園が推薦すればクライストカレッジに優先的に入学できる。
  • Sugamo Summer Schoolで、生徒の心に火を付ける。
    • イートン校を卒業した、世界で活躍する一流の先生を巣鴨中学・高校に招き、専門分野の授業をしてもらう。
      • オクスフォード大学出身で、元イギリス代表水泳選手のジャック先生は、建築家でもあり、巣鴨中学で水泳や設計の授業を実施。
      • オクスフォード大学出身、イギリスの元外交官でセミプロ歌手のトミー先生が歌を教えてくれたり。
    • 勉強だけではなく、好きなことを追求して良いんだよという姿を見せたい。

 

今年度入試の説明

筆者注:入試の説明の記載はかなり省略しました。入試のポイントは説明会に行った方だけが聞けた方が良いと思いますので。

  • 全般
    • 例年の結果を見ると、6割が合格最低点の目安。180点とると安心。
  • 国語
    • トメ、ハネ、ハライはある程度許容するが丁寧に。
    • 読解問題2題合わせて、文章の文字数が6,000字を超えることはない。
    • 抜き出しは、漢字や句読点の転記ミスが多いので注意。
  • 理科
    • 漢字指定の問題が出ることもある。
    • 計算問題は桁数の指定があるので注意。
    • 平均点は30点程度。
    • 傾向に変化なし。
  • 社会
    • 大学入試の傾向と同様に、リード文を増加させている。問題文をきちんと読み取ってほしい。
    • 平均点は30点前後。
  • 算数
    • 大問は4問。
    • 方程式使用可。
    • 大問は易しいものから難しいものへとは並んでいないので、解きやすいものから解くこと。
  • 算数選抜
    • 5つの力を試している。
      • 計算力
      • 基礎力(典型題を解く力)
      • 文章を読んで理解する力(長めの文章題)
      • 考える、想像する力
      • 説明する力(考え方を文章で答える問題。なぜそうなるのかの説明)

授業の様子

英語と数学と世界史の授業を見てきました。

 

英語はとてもわかりやすく、かつ授業の速さがスピーディでした。「〜がポイントだぞ〜、そこに丸つけとけ〜」など、模試に出そうなところもちゃんと教えてくれていてグッド。時々笑いも起きていて、上手い先生だなぁと思いました。

 

数学はまるで個別指導のようでした。プリントを配って生徒に解かせる。生徒は各大問を解けたら手を挙げる。そうすると先生が席まできて答案をチェックしてくれて、正解であれば次の問題に進めるという授業でした。導出過程も一人一人ちゃんと見てくれているようで、丁寧な授業だなと感じました。

 

世界史は中国の王朝の変遷を解説している授業でした。黒板に大きな地図を貼って、地理情報や歴史豆知識も教えながら解説していました。頻繁に生徒に問いかけているのが印象的でした。

先生「さぁここの地名は〜・・・」

複数生徒「建業」

答える生徒を当てる方式ではなく、誰かが答えるのを待つ方式でした。生徒が恥ずかしがらずにすぐに答えるのが好印象でした。

 

全般的に授業中に友達と勉強の話をすることが許されているようでした。なので、わからないところを小声で近くの友達に聞いて解決するというようなことはよく行われており、それは特に注意されないようでした。巣鴨のスパルタ教育から授業中一言も喋るな!というイメージを持っていたので、そんなイメージよりはやや自由な感じがあり、好印象でした。

 

以上、熱い学校でした。子供の心を強く育てたいと願う方には色々な仕掛けを用意してくれている学校だと思います。

 

 

家庭教師をご希望の方はプロフィール記載のgmailにご一報ください。訪問エリアは東京・千葉・埼玉です。オンライン指導もしています。