家庭教師の雑感

家庭教師をしている横井が、受験や勉強に関するお役立ち情報を書きます。

有名人の過激な受験・勉強エピソード

f:id:yokoiyokoiyokoi:20191017180107p:plain

有名人の方々には普通の考え方をしない方が多い気がします。普通とは違うからこそ飛び抜けた成果を残せるのかもしれません。

この記事では有名人の方々の過激な受験・勉強エピソードを書いていきたいと思います。

 

孫正義:辞書の使用と試験時間の延長を認めさせる

ソフトバンクグループの社長ですね。総資産は日本2位の2兆6,600億円です。ちなみに1位はユニクロ創業者の柳井正さんで2兆7670億円です。なんだか桁がおかしいことになっていますね。

 

孫正義さんの自分の主張を通す力は有名ですし、また相当な努力家でもあります。

 

彼は久留米大附設高校を高校1年で中退し、アメリカの高校に編入すると2週間で高校3年に飛び級し、アメリカの高卒認定試験に臨みました。

 

そこでのエピソードが強烈で、「この問題は日本語ならば必ず解ける」と言い出し、辞書の使用と時間延長を試験官に申し出ました。

 

当然試験官ははねのけるけれど、そこで食い下がらない。「試験のルールを決める人に電話してくれ、つまり州の教育委員会だ」と言い、試験官に教育委員会に電話させるも、却下されます。

 

それでも食い下がらない。「私が情熱を持って直接電話したい」と言い、最後は自ら教育委員会を説き伏せ、辞書の使用と時間延長を認められ、検定試験を一発合格しました。

 

北野大(ビートたけしの兄):街灯の下で勉強

北野さんは明治大学卒業後、淑徳大学の教授になりました。北野大さんの勉強エピソードはドラマで語られているものなので、真偽の程は定かではありませんが一定の事実には基づいているのではないでしょうか。

 

そのドラマによると、毎晩のように父親が酒を飲んで家に帰ってきては暴れる。勉強熱心な北野大さんは勉強に集中できないからということで、家の外の電柱の電灯の下に、ダンボール箱をおき、机代わりにして毎晩勉強していたそうです。

 

ちょっと本当か怪しいですが、父親が暴れているけど勉強していたというあたりは真実ではないかなと思います。

 

ロザン宇治原:センター試験で失神

真面目な宇治原さんは京大合格のために、先輩合格者の受験時の平均勉強時間である10時間より1時間多い11時間日々勉強していたらしいです。平均より多く勉強すれば受かるだろうとの考えでした。

 

そんな猛勉強の末迎えたセンター試験本番。数学は満点を取るつもりなのに、1問丸々解けない問題があり、焦りすぎて失神。保健室に運ばれます。その問題は丸々落としてしまったけど、他の科目でフォローし、結局目標のセンター試験9割を取ることができました。

 

解けなくてショックで失神するぐらい勉強してきたということでしょう。

 

芦田愛菜:半年で慶應に合格

芸能活動も忙しくしていたのに、中学受験で慶應中等部に合格したことは有名ですね。小学6年の夏から本格的に受験勉強を初めて、中学受験塾大手の早稲田アカデミーのNNコース(何がなんでもコース)に通っていたらしいです。

 

1日の勉強時間は12時間で、暇さえあれば塾の自習室にこもって勉強していたそう。小学生から自主的に長時間勉強できるのは圧倒的に有利ですね。大人たちとずっと仕事をしてきたから、心の成熟が人より早かったのかもしれません。

 

堀江貴文:半年強で東大に合格

ライブドアの元社長ですね。ホリエモンの愛称が有名です。最近また東大に受けるという企画をやっていましたね。仕事で超多忙なのにセンター試験を突破したことは驚きました。2次試験は不合格でしたが。。

 

ホリエモンが現役受験生の頃は高校3年の6月頃から受験勉強を始めたらしいです。それまではほとんど勉強していなかったので、効率的に受かるべく、かなり戦略を立てました。

 

出た結論が、英語を固めることと、過去問の徹底です。英語は200ページぐらいある単語帳を派生語や用例含めて丸々そらんじるレベルにまでやり込みました。そして過去問は過去模試と合わせて100回以上取り組みました。勉強時間は1日14時間とのこと。これを聞くと、シンプルな戦略だけど、受かるよなぁと思います。

 

詳しい勉強方法はこちらに書いてあるので気になる方はどうぞ。

ameblo.jp

 

最後に一般的には有名ではないですが、数学界では天才として有名な東大教授のご紹介。

河東泰之(東大教授):中1で東大入試を解く

麻布中学出身の東大教授です。麻布時代からすでに『超積と超準解析』『位相と関数解析』といった数学の専門書を読んでいました。「英書の専門書も読んでいました。数学で使われる英語はだいたい決まっていますから、それほど難しくないんです」とは本人の弁。

河東さんは、中学1年の時点ですでに東大入試の数学の問題を解いていました。暗記も得意で教科書を1冊丸々自然と覚えるほど。特別な受験勉強をすることもなく東大に合格し「東大生もこんなものか」とがっかりしたそうです。

こんな天才中の天才もいるんですねぇ。羨ましい笑

 

以上、有名人の受験・勉強エピソードでした。

今受験勉強している方や、受験勉強に関係する方々のモチベーションアップにつながれば良いなと思います。

 

 

Studyoという個別指導サービスを運営しているので、私の授業を受けてみたい方はご利用ください。

家庭教師が良い方はプロフィール記載のgmailにご一報ください。エリアは東京・千葉・埼玉です。